FANDOM


Into the blue's is the debut song of ACCAMER and is written by Jin. It is the opening of LISTENERS and the ending of Track 01: Live Forever.

LyricsEdit

TV SizeEdit

Sunda kodou ga narihibiku machi wo
Furatsuki nagara chiisana kage wo nobashite
Tsunotta kodoku mo kienai itami mo
Kasureta koe ja kyou mo todoki ya shinain da

Nariyamanai genchou mou taerare nakute
Ki ga kuruisou na yokubou ga nodo wo koete aa

Buruu na hi wo moyashite nigotta me wo hiraite
Honoo no naka yamanai oto ga atama kara afuredasu
Aa, supaaku shita yuuutsu no mukou e te wo nobashite
Kamisama ni kirawareru kurai hoshigatte

澄んだ鼓動が 鳴り響く街を
フラつきながら 小さな影を伸ばしている
募った孤独も 消えない痛みも
掠れた声じゃ 今日も届きやしないんだ 

鳴り止まない幻聴 もう耐えられなくて
気が狂いそうな 欲望が喉を越えて あぁ

ブルーな火を燃やして 濁った目を開いて
炎の中 止まない音が 頭から溢れ出す
あぁ、スパークした憂鬱の 向こうへ手を伸ばして
神様に嫌われるくらい 欲しがって

Full VersionEdit

Sunda kodou ga narihibiku machi wo
Furatsuki nagara chiisana kage wo nobashite
Tsunotta kodoku mo kienai itami mo
Kasureta koe ja kyou mo todoki ya shinain da

Nariyamanai genchou mou taerare nakute
Ki ga kuruisou na yokubou ga nodo wo koete aa

Buruu na hi wo moyashite nigotta me wo hiraite
Honoo no naka yamanai oto ga atama kara afuredasu
Aa, supaaku shita yuuutsu no mukou e te wo nobashite
Kamisama ni kirawareru kurai hoshigatte

Chīpu na kyoei de mizubitashi no machi ga
Giratsuki nagara awai yume o utsushidashiteru
Kūru na yoin to gomakashi no uta ni
Oboreru hibi ga itsu made mo tsuzuki sō sa

Tobihaneru shinzō kao o somuketatte
Omachi kane no suteiji wa boruteiji o agete ā!

Sakenda uta wa nibiiro fu kakkō ni shibatataite
Honō no naka asenai oto ga nodomoto o kakeagaru
ā, san-bun no yūutsu o shibotta kono omoi o
Kamisama ni tsukikaesu junbi shitenda
Baka mitai ni sa

Tabashiru kanjō mada samekiranai ne
Ibitsu na yume to yokubō o koe ni nosete

ā, tengoku no kaidan ga kusatte kuzureochite
Hora ochiru ochiru ochiru
Soko no soko no soko made

Burū na hi o moyashite nigotta me o hiraite
Honō no naka yamanai oto ga atama kara afuredasu
ā, supāku shita yūutsu no mukō e te o nobashite
Kamisama ni kirawareru kurai de itainda zutto

澄んだ鼓動が 鳴り響く街を
フラつきながら 小さな影を伸ばしている
募った孤独も 消えない痛みも
掠れた声じゃ 今日も届きやしないんだ 

鳴り止まない幻聴 もう耐えられなくて
気が狂いそうな 欲望が喉を越えて あぁ

ブルーな火を燃やして 濁った目を開いて
炎の中 止まない音が 頭から溢れ出す
あぁ、スパークした憂鬱の 向こうへ手を伸ばして
神様に嫌われるくらい 欲しがって

チープな虚栄で 水浸しの街が
ギラつきながら 淡い夢を映し出してる
クールな余韻と 誤魔化しの歌に
溺れる日々が いつまでも続きそうさ

飛び跳ねる心臓 顔を背けたって
お待ちかねのステージはヴォルテージをあげて あぁ!

叫んだ歌は鈍色 不恰好に瞬いて
炎の中 褪せない音が 喉元を駆け上がる
あぁ、三分の憂鬱を 絞ったこの想いを
神様に突きかえす 準備してんだ
馬鹿みたいにさ

迸る感情 まだ覚め切らないね
歪な夢と欲望を 声に乗せて

あぁ、天国の階段が 腐って 崩れ落ちて
ほら 落ちる 落ちる 落ちる
底の 底の 底まで

ブルーな火を燃やして 濁った目を開いて
炎の中 止まない音が 頭から溢れ出す
あぁ、スパークした憂鬱の 向こうへ手を伸ばして
神様に 嫌われるくらいでいたいんだ ずっと

VideosEdit

ReferencesEdit

Community content is available under CC-BY-SA unless otherwise noted.